バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・ボトルの扱い方

fizz@bar-open.com082-241-7283

バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・FIZZの解説で「カクテルの作り方・ボトルの扱い方」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. カクテルの作り方の基礎
  3. カクテルの作り方・ボトルの扱い方

カクテルの作り方・ボトルの扱い方

ここで解説している内容は、一般的な書籍や、サイトなどに掲載してあるものと、同じです。正直、本物の美味しいカクテル作りやバー開業には、ほとんど役立ちません。

つまり、本やサイトで学べるレベルでは、プロとしては、全く通用しないという事です。本などは、あくまで、超初心者の方に、参考にして頂く程度のものだと、ご理解下さい。

ボトルの扱い方について

ラベルを濡らさない事

ボトルの握り方
  • 厳密に規定はないが、ボトルの下のほうをラベルの貼ってない横から正面のラベルが相手に見えるように握る。
  • 酒を注いだ後に、ボトルの口からしずくが流れたり、手のひらが濡れていたりして、ラベルを濡らさないため。

キャップをスピーディに開閉

ボトルの開閉1 ボトルの開閉2
  • タオルをしぼったりするのと同じ要領で、ボトルの下部とキャップをそれぞれの手で持ち、両手を内側から外側へ開く動きでキャップを開け、逆の動きで閉める。
  • 上の二つの写真は、それぞれボトルのキャップを閉めた状態(左の写真)と開けた状態(右の写真)のボトルと両手の位置を示したものなので参考にしてもらいたい。この二つの状態の繰り返しで、開けたり閉めたりするのだ。
  • 但し、キャップを開閉するのに、この二つの状態の繰り返しだけではなく、キャップを指で回転させ、その勢いですべらして開閉のスピードをさらにあげる。
  • またこの時、キャップは常に片方の手の親指と人指し指の付け根ではさんで持ち、キャップをはずした時も下へ置かない。
  • 衛生面と保存面を考慮し、使用したボトルのキャップの閉め忘れによる長時間の放置を回避するためと、キャップを持った手でメジャーカップも扱い、最短の動作でカクテル作りを行うためである。

ボトルの口のふき取り

  • 酒(特にリキュールなど)を注いだ後、ボトルの口についている液を、キャップを閉める前にふき取る。
  • 汚れが付着したり、時にはキャップが開かなくなるのを防ぐため。

置いたとき、ラベルの向きに注意

  • 相手側(自分の正面に対する)に、ボトルのラベルが真正面で見える方向に全てそろえて置くようにする。ボトルを扱うときも、できるだけボトルの正面のラベルが相手に見えるようにするのは、前述のとおりである。
  • 相手に、何を扱っているのかを見れるようにする配慮であり、習慣づけることでカクテル作りをよりスマートに見せることができる。

カクテルの作り方解説の「目次」

このページ以外の、カクテル作りに関する基礎知識の解説は、以下の各ページをクリックしてご覧下さい。

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ