バー開業&カクテル作り方講座・カクテルの作り方の基礎知識

ここで解説している内容は、一般的な書籍や、サイトなどに掲載してあるものと、同じです。ですので、正直、本物の美味しいカクテル作りやバー開業には、ほとんど役立ちません。あくまで、超初心者の方に、参考にして頂くためのものです。

厳しい事を言うようですが、ココに掲載してある内容を知っている程度では、カクテル習得もですが、バー開業準備が整った事には絶対になりません。むしろ、ココにある知識・技術程度しか知らないのなら、基礎中の基礎しか分かっていないのだと自覚して頂ければ幸いです。

カクテルの作り方「カクテルレシピの読み方」

ロング・ドリンクなどの場合

材料の分量が、ml や tsp で表記してある。そのとおりの量をグラスや道具に、メジャー・カップで量って入れる。

適量と書いてある場合、扱うグラスの口から1センチぐらい下まで、その材料を入れる。

ml (ミリリットル)について

  • 大小の計量カップがついたメジャー・カップで量る。
  • 大・・・45ml , 小・・・30ml が一般的。
  • 30ml が1オンス。

tsp(ティースプーン)について

  • 計量スプーンやバースプーンで量る。
  • 1tsp = 約5ml

ショート・ドリンクなどの場合

材料の総量を「1」として、分数表記してある。脚付きグラス(カクテルグラスなど)使用のカクテルレシピに多い。

一般的には、総量 1=60ml と換算して、計算すればよい。

dash (ダッシュ)について

  • ビターズ・ボトルを振って入れる量。
  • 1dash = 約1ml = 一振りで出てくる量。

カクテルの作り方を趣味で学び、楽しむ動画教材は→

バー開業、カフェバー開業など、プロ仕様を学ぶ動画教材は→

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、東京都が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、かなり変わりました。
※平成30年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  大阪府
  • 第04位  愛知県
  • 第05位  埼玉県
  • 第06位  千葉県
  • 第07位  兵庫県
  • 第08位  北海道
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  沖縄県
  • 第14位  京都府
  • 第15位  新潟県
  • 第16位  福島県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  茨城県
  • 第19位  和歌山県
  • 第20位  岡山県
  • 第21位  三重県
  • 第22位  山口県
  • 第23位  熊本県
  • 第24位  山梨県
  • 第25位  岩手県
  • 第26位  香川県
  • 第27位  奈良県
  • 第28位  富山県
  • 第29位  長野県
  • 第30位  石川県
  • 第31位  長崎県
  • 第32位  宮城県
  • 第33位  福井県
  • 第34位  鹿児島県
  • 第35位  佐賀県
  • 第36位  鳥取県
  • 第37位  滋賀県
  • 第38位  大分県
  • 第39位  栃木県
  • 第40位  島根県
  • 第41位  宮崎県
  • 第42位  秋田県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダースクールFIZZは、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。半世紀以上続く老舗バーが、悩みの解決策を伝授。