なぜ、カクテルレシピ通りで、美味しいカクテルができないのか?

美味しいカクテルの作り方は、プロしか知らない秘密があります!

聞き覚えのあるカクテルや、ネーミングで選んだら大失敗!自分で作ろうと道具をそろえ本を読み、一生懸命チャレンジしたものの、今ひとつおいしくない!そんな経験は、ありませんか?そして、道具は買ったものの、途中で、あきらめた方も多いのでは??

そんな方は、まず、この記事を読んで下さい。このサイトを見つける事の出来たあなたは、幸運です。

バーテンダーが話さない、美味しいカクテルの作り方の真実とは?

カクテル作りなんてカンタン!だって、混ぜるだけだし・・・って思いますよね。そのとおり!作るのはカンタンです。誰でも、それなりのものは、すぐできるようになります。料理のように作る工程が多いわけではありませんので。

ただ、料理もそうですが、素材や調味料や作り方の基本を、ある程度のところまで勉強しないと応用もきかないし、おいしいものができないでしょう。単純なものしか作れませんし、プロの味には程遠いものしかできません。

本物のカクテルとは?

それでも、完成品のカクテルも、缶やビン入りのものが豊富にそろうようになりましたし、わざわざ自分で作らなくても・・・と思う人も多いでしょう。

特に、あのカクテル缶などの味を本物と思っている人も多いことを考えれば・・・・・・・私の店でも、ごくまれに「本物と違うけど、おいしいね~」なんて方には苦笑するしかないですし(笑)実は、本物のカクテルとは全く味が違うんです!

また、カクテルに興味を持つと、とりあえずシェーカーを振ってみたくて購入する人も多いようで、ちょっと本やネットなどで、レシピをみて作ってみたりはするものの、今ひとつピンとこない味で、本物に近いニセモノしかできないはずです。そして、試行錯誤も限界に達し、途中であきらめ、シェーカーが飾りになっていくのが通常のようです。そう、飾りになるのは、あなただけではありません。

カクテルは、カクテルレシピを見て作っても、なぜか・・まずい!

「おかしい?どうしてだろう?」って思っていらっしゃるはず!

そう、本もホームページもカクテルのレシピなんて、ちまたにあふれていて、中には無料の動画付きで、いつでもシェークやステアの方法をじっくり見れる、某大手サイトなどもあるわけですし。

私の目から見ると、こういった大手サイトの動画でさえ、知識・技術が、かなり怪しいですが・・・!それでも、信頼のある大手サイトや、権威のある方が書いた本を見て、書いてあるとおり、見たとおりに作ればできるはず!と挑戦なさるはず。

そして、結局、「マズイ!何か一味違う」と、首をひねるばかり。自分の味覚を疑う方もあるかもしれません。

はっきり、言いましょう。あなたの味覚は、正しいのです。

本当のカクテルの作り方を、なぜ書かないのか?

実は、もともと、カクテルレシピどおりでは、まずいカクテルが多いのが真実なのです。

例えば、私でさえも、カクテル教室で生徒に配布する教材用のレシピでは、ちまたの書籍やネット上に掲載してあるレシピと同じものを書いています。もちろん、講義の中では、おいしい本当のレシピについて話させて頂きますが・・・

どうして、このような事になるのか?というと、誰の目に触れるかわからない本やネットなどでは、昔からある、本やネット上と同じ、ちまたのカクテルレシピで、基準となるものを書いておいた方が無難なのです。

カクテルは、何千種類とあって、同じ材料でも分量が違うとカクテル名が違ったりしますし、世界中全てのカクテルを常に把握するなんて不可能でしょう。ということは、自分の書いたカクテルレシピにクレームがきたりしたら面倒ってこともあります。

また、そのカクテルレシピを見て、興味本位や好意的でない人に、店に訪ねてこられても困るということもあれば、苦労して手に入れた知識・技術を簡単に教えられない!ということもあるでしょう。それなりの知識・技術を教えるだけのスクールでも、数十万~百万円以上かかるところが大半ですので・・・。

さらにもうひとつは、カクテルレシピが、世界標準で書いてあるという事です。このことを考えてもらえれば、世界中の人が同じ味覚であるわけもなく、日本人にあう味に調整する事が必要なのは当たり前のことと納得してもらえるでしょう。さらにさらに、本人の腕前に応じて、若干カクテルレシピも変わってくるのです。

カクテルの作り方、プロ仕様のカクテルレシピとは?

つまり、カクテル作りには、本当はどこにも載っていないプロならではのコツがあるのです。ちまたのカクテルレシピを見て作るのでは、おいしいカクテルなど作れるわけもなく、無理なのです。ちまたのカクテルレシピに書いてあるのは、あくまで参考程度の基準となるものにしか過ぎず、あのカクテルレシピ通りに作るプロは、まずいないと言っても過言ではないのです。

だからといって、そのカクテルレシピの調整方法や、プロのワザを習得しようと思えば、やはり、それなりに時間がかかりますし、そこまで学習しようと思う方も少なく、結局、以前から書かれているカクテルレシピと同じもので、本やネットに掲載してしまうというわけです。

これでは、いつまでたっても、本物のカクテルは、広まっていきませんし、広まらないから、カクテルは、悪酔いする!とか、甘い飲み物!など、一般に、普及するにしても、中途半端な広がりしかせず、そのおかげで、ますます、本物の知識・技術をもった人材が消えていく・・・・・・

こういった悪循環が、続いているのです。

カクテルの作り方の真実を伝えるため、数年の歳月をかけ完成した教材とは?

そこで、こうした悪循環におちいっている業界の環境を打破すべく、私は、さまざまな活動をしているわけです。

私は、小学生の頃から、本物のカクテル作りを見ており、今では、知る人も少なくなった知識や技術を習得しています。また、数十年にわたるバー経営の中で習得した、独自の知識・技術もあります。

さらに、カクテル教室などで、どうすれば知識ゼロの方でも、分かりやすく、おいしいカクテル作りのコツを理解して頂けるか!といった、教育面からの工夫も習得しました。

そして、これらを体系化し、より吸収しやすいようにプログラムにも工夫を加え、数年にわたる制作期間を経て、ようやく完成したのが、当サイトで最初に発売したバー開業DVD教材「バー開業バイブル11巻」なのです。

今では、趣味でカクテル作りを習得したい方向けの
カクテルの作り方DVD教材「老舗のカクテル講座」も完成しました。

あなたの人生に、稼ぐための知識・技術を!あるいは、生活の中に、新たな潤いをもたらす空間創りのアイテムとして!この教材を役立てて頂けると嬉しいです。

「バー開業&バー経営教材」の詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業57年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへの指導

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、56年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、9年以上、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、関東圏が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、やや変わりました。
※平成28年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  埼玉県
  • 第04位  愛知県
  • 第05位  大阪府
  • 第06位  千葉県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  福島県
  • 第19位  岡山県
  • 第20位  山口県
  • 第21位  熊本県
  • 第22位  岩手県
  • 第23位  香川県
  • 第24位  富山県
  • 第25位  長野県
  • 第26位  和歌山県
  • 第27位  山梨県
  • 第28位  石川県
  • 第29位  長崎県
  • 第30位  三重県
  • 第31位  福井県
  • 第32位  鹿児島県
  • 第33位  佐賀県
  • 第34位  鳥取県
  • 第35位  奈良県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

バー開業とバーテンダー老舗の講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

バー開業、バーテンダーのカクテルの作り方を、56年以上続き、教材を全国普及した老舗バーが、動画教材で伝授します。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。