ボトルの置き方で分かる、バーテンダーのレベル

プロのバーテンダーが、ネットに流す動画に問題あり

少しだけ、辛辣な話をします。真実を話すのには、勇気がいります。ネット上では、匿名で、批判や中傷が、たくさんあります。匿名が、問題だと、私は思ってますが・・・今回のテーマ、地方のバーの店主が、つぶやいているだけです。どうか、寛大なるお心でお許し下さい。(汗)

ネットに動画をアップするのが当たり前の時代ですね。私自身も、シェークやステアなど、簡単な動画を、ユーチューブなどにアップしています。その時に、いろいろ、カクテル関連の動画を見て回りました。

さまざまなサイトで、シェークやステアなど、カクテルを作っている様子が、動画で流れていますね。遊び感覚でアップされている方は、愛嬌があっていいのですが、たまに、プロのバーテンダーの方が、動画をアップされています。

この時に、カクテル作りに使用するボトルの位置を見た瞬間に、すでに、その動画を見る気がなくなるものが、結構あります。どういうことか?きっと、さっぱり分かりませんよね。

それは、仮にも、プロとして動画をアップされている方であれば、最低限のカクテル作りの基礎を踏まえた上で、アップして欲しいと思うのです。初心者や素人の方は、おそらく、その動画をまねて、カクテルを作られる場合もあるはずです。もしそうなら、間違った方法が、さらに普及することになるのです。今でも、かなり普及してますので・・・

ボトルの置く位置は、必然的に決まる。

カクテル作りでは、意味を考えると、ボトルの置く位置は、必然的に決まってきます。それは、カクテルを入れるグラス、シェーカーやミキシンググラスよりも、右側にボトルを置くということです。作り手のバーテンダー側から見て、右側です。(バーテンダーが右利きの場合です。)

もちろん、バーで、複数のカクテルを作る作業をしている時には、厳密に、そうならない時もあります。臨機応変に対応しなければ、間に合わない場合もありますので。

ただ、動画でアップする時に、これはプロのバーテンダーが作成した動画だ!と分かるタイトルで流すのなら、それにふさわしいように、考えて作成しているはずです。誰も、自分が、下手と思われる映像、基礎さえ学習していない!と分かる映像を流すはずはないはずです。当然、きちんと学習した基本に忠実に動画を作成なさるはず・・・。

にもかかわらず、上記の基礎を踏まえず、適当なところに、ボトルを置いている映像の何と多い事でしょう!たかが、ボトルの位置!そう思われた方も、あるかもしれません。でも、そんな基礎さえ習得できていないのであれば、当然、お酒の知識など、学習しているはずもありません。飲まなくても、味が分かります。

実は、大きな声では言えませんが、某有名メーカーのカクテル作りの映像から、業界では有名らしい方の映像まで、こうした事例が、たくさんありました。最近、随分、修正されたような・・・

もともと、教えた人が意味を教えてないか?習った人が意味を考える能力がないか?どちらかでしょう。

ボトルの位置が、なぜ、右側か?それは、カクテルを作る時の動作を、最短で、スピーディに行うようにするため。もう一つは、ボトルが、材料を入れるシェーカーやグラスなどにあたって、倒したりすることのないように、習慣づけるためです。

普通に考えれば、誰でもわかる事です。もちろん、左利きの方は、この逆になります。このように、全ての作業に、意味を考えることが必要です。ですから、こんな単純な事さえ理解せずに、アップしてある動画のカクテルは、飲まなくても、味が分かるということです。

もちろん、知識・技術だけでは、バーテンダーは務まりません。さまざまな能力が求められます。バーテンダー兼オーナーであれば、なおさら、能力を磨いていかなければなりません。

どんなに知識・技術を磨いても、バーテンダーとしての能力は、全人格の10%以下ぐらいでないと、魅力がない!というのが、私の考え方なのは、何度かお話している通りです。ですから、あふれんばかりの知識・技術をもちながら、それを店で語る事はなく、その他にも、さまざまな能力を磨き、バーを経営していくのが、本来あるべき姿と、私は思っています。

どうか、これから、バーを開業しようと思っておられる方、せめて、基礎ぐらいは、習得してから、開業して下さい。そして、この記事を、ご覧になった方、これから、美味しいカクテルを飲みたい時は、ボトルの位置を見てから。もし、位置が違っている場合、そのバーでは、違う魅力を探すようにしましょう。使い分ければ、良いだけの事です。

私は、それはそれなりに、全て、受け入れる事のできるタイプです。バーテンダーとしての知識・技術は未熟でも、他に魅力のある店もあるはずですので・・・

今回のテーマは、ちょっと、私的な意見を話しすぎました。どうぞ、クレームなど、お許し下さい。独り言です。

「バー開業&バー経営教材」の詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業58年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへの指導

バー開業教材は、10年毎月売れ続け、全国46県に到達

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、57年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、10年、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、東京都が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、かなり変わりました。
※平成29年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  大阪府
  • 第04位  埼玉県
  • 第05位  千葉県
  • 第06位  愛知県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  和歌山県
  • 第19位  福島県
  • 第20位  岡山県
  • 第21位  山口県
  • 第22位  熊本県
  • 第23位  山梨県
  • 第24位  岩手県
  • 第25位  奈良県
  • 第26位  香川県
  • 第27位  富山県
  • 第28位  長野県
  • 第29位  石川県
  • 第30位  長崎県
  • 第31位  三重県
  • 第32位  福井県
  • 第33位  鹿児島県
  • 第34位  佐賀県
  • 第35位  鳥取県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダー講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

57年続き、NHK放映・全国紙掲載の老舗バーが、バー開業とバー経営の教材を制作。動画もたっぷり、20巻のDVDとCD教材は、46県に普及。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。