バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・シェークを習得するために重要な事(4)

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「シェークを習得するために重要な事(4)」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「シェークを習得するために重要な事(4)について」

シェークを習得するために重要な事(4)

「シェークを習得するために重要な事(3)」からの続き↓

シェーク習得のための、最後のステップ。

人によって、シェーカーは、振り方が、変わってくるのが当たり前です。手の大きさ、手のぬくもり具合、腕の長さ、関節の柔らかさ・・・さまざまに違って当たり前です。

ですから、前回までの2つに加えて、プロ仕様のシェークを習得するのに大切なのは、

「3、個性を生かした振り方を、創り上げる方法を理解する事」です。

一般の書籍やサイトでは、個性を生かした振り方を、どのように創り上げればよいのか解説されていません。こうした事のために、シェークが、上手に、できないのです。


シェーク習得のための、3つのステップ。

大事な事ですので、もう一度、お話しますが、これまでお話した3つのステップを、きちんと解説できる人から、学んで頂くのが、プロ仕様のシェークができるようになる最短の方法です。

1、シェーカーを振る意味。

2、その意味を理解した振り方。

3、個性を生かした振り方を創り上げる方法。



このシェークに関しては、どんなに丁寧に、文字で記載しても、お伝えする事は難しいことです。ですから、前述の3点について、きちんと解説できるプロのバーテンダーを見つけて、その方に、教えてもらうのが、一番です。


無料で教えてもらえるのは、低いレベルのシェーク。

もちろん、プロのバーテンダーとして通用するレベルですから、それなりに、費用もかかる事は、考慮して下さい。何年も修行をして身につけた事を、無料で教えてもらうのは、無理があります。というより、無料であれば、無料で教えてもらえるレベルなのだと、理解してもらう方がいいかもしれません。



ちょっと、手前味噌ですが、こうしたプロの方を見つけるのが難しい方のために、弊店のバーテンダー教材があります。ちなみに、私の作成したバーテンダー教材「バー開業バイブル」では、動画で、たっぷりと解説しています。

初級編で、シェーカーを振る意味。その意味を理解した振り方。

中級編で、個性を生かした振り方を創り上げる方法。

上級編で、パフォーマンスの一つとして、2個のシェーカーを同時に振る方法や、その2個のシェーカーから、注いで創るカクテルなどを解説しています。

弊店の教材で学んでみようと思われる方は、
バー開業教材の概要を、ご覧下さい。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ