バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・スノースタイルは、間違いだらけ

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「スノースタイルは、間違いだらけ」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「スノースタイルは、間違いだらけについて」

本物のスノースタイルを、見たことがありません

スノースタイルは、間違いだらけ

さて、「スノー・スタイル」という呼び名自体が、おかしい!という事もありますが・・・今回は、その事は、置いておきましょう。知識マニアになるだけの話なので・・・。

さて、ソルティ・ドッグなど、グラスに塩がついているカクテルがありますよね。あの塩のつけ方について、問題あり!というお話です。

グラスに塩がついてるだけだろう!カンタンだろ!そう、おっしゃられる方が、きっと多いはず。

でも、私の目から見て、合格!といえる塩のつけ方をしたカクテルに、なかなか、出会った事がありません。

ホテルのバーラウンジや、オーセンティック・バーとうたっているところでも、かなり厳しいな~と思うところが、結構あります。なぜ、こうした現象になっているのか??不思議ですよね。

プロのバーテンダーとして働いている方でさえ、本物のスノースタイルの作り方を知らない人が増えている。これは、なぜか???

本やサイトの間違った記載が普及してしまったから

一般的な書籍に書いてある方法が、普及してしまったからです。普及しているものが、真実であるとは限らないのですが、なかなかそう思えないもの。

書籍やサイトなどをみると、レモン果汁をグラスのふちにつけ、お皿など、塩を平らに広げた上に、かぶせるように置いて塩をつけ、余分な塩を取り除けば出来上がり!と書いてあります。某有名メーカーのサイトなどでも、そのように記載してあります。

こんな間違った方法が、広まってしまったんですね。こんな方法で、塩をつけているプロなどいません。おそらく、随分昔に、趣味でカクテルを楽しむレベルなら、この程度の知識や技術でいいだろう!と、書籍に書かれた方の方法を、そのまま、書き写した書籍が増えた結果でしょう。

余談ですが、これは、コピーだろうと思うカクテルレシピが、非常に多くあります。カクテルレシピ自体は、一般的なレシピであれば、同じ材料と分量になるのは分かるのですが、アルコール度数などを表記しているものは、間違ったアルコール度数まで、コピーしたものが、たくさんあります。自分で、計算するのが面倒だったんですかね~。

意味のわかるバーテンダーなら、すぐできる

さて、グラスへの塩のつけ方ですが、これも、常に私が話しているように、意味を考えれば、カンタンに分かる事です。

塩を、わざわざ、グラスのふちにつける意味は、どういう事でしょう。カクテルを召し上がる時に、好みに応じて、塩をなめながら、召し上がって頂くため。そうであるなら、先ほどのような、作り方はしないはずです。

カクテルを飲む瞬間に、塩をなめ、口の中で、カクテルと塩が混ざるように作られたカクテル。注意すべき点は、どこでしょう?これだけお話すれば、分かる人には、分かるはずですが・・・・・

全てのカクテル作りの技術には、それなりの理由があります。この理由を理解せずに、ただ、カクテルの作り方を学んでも、無駄です。

せっかくの記事、ヒントを差し上げましょう。それは、グラスについている塩のつき方が、プロが作ると「全く違う!」ということです。

見た瞬間に、バーテンダーのレベルが分かるという事。飲まなくても、分かってしまいます。それでも、こういう場合、大人の対応をしますよ。その店は、カクテルではなく、きっと、他の魅力で勝負している店のはずです。ですから、飲み物は、ビールで。あとは、他の魅力を探すことにしている私です。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ