バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・ピンクレディをレシピ通りに作るバーテンダーは偽物

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「ピンクレディをレシピ通りに作るバーテンダーは偽物」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「ピンクレディをレシピ通りに作るバーテンダーは偽物について」

ピンクレディをレシピ通りに作るバーテンダーは偽物

ピンクレディの作り方で、バーテンダーの腕が分かる

タイトルが、やや悪かったですね。悪意はありません。ただ、学習をしていないバーテンダーというだけの事です。

たまたま、「ピンクレディ」を、取り上げましたが、本日のテーマは、オリジナルカクテル創作について。オリジナル・カクテルの創作などに必要な能力を、磨くには?どのようにすればよいのか?という話です。

当たり前の話ですが、オリジナル・カクテルを創作するのに、ただ、適当に、さまざまなスピリッツやリキュールを混ぜあわせ、偶然、美味しいものができれば完成!などというのは、ありえない方法です。

オリジナルカクテルの創作は、基礎を身につけてから

さまざまな基礎を身につけた上で、初めて、オリジナル・カクテルを創る技量ができるわけで、基礎を身につけずに、独創性を追求するなど、ナンセンスです。

それでも、ちまたの多くのオリジナル・カクテルで、基礎を考えずに、適当に、作成しているな~と思うものもあります。基礎を身につける作業は、技術だけでなく、知識を吸収するという学習を伴うので、かなり面倒です。

学ぶこと自体を、嫌だと思う人も多いようです。実践で、身につければ大丈夫だろうと・・・でも、こつこつ、学ぶ作業は必要です。遠回りに見えて、最も、能力が向上する最短コースなのです。

今回、取り上げた、定番のカクテル「ピンクレディ」

まさか、プロで、このカクテル「ピンクレディ」を、ちまたのカクテルレシピと同じに作成する人はいないと思いますが、ちまたのカクテルレシピ通りだと、何ともまずいカクテルになります。

ネーミングでカクテルを注文なさる方も多いでしょうが、この「ピンクレディ」は、ネーミングで選んで「失敗!」と思われる方が多い、カクテルの一つでしょう。もちろん、プロ仕様の作り方を理解しているバーテンダーであれば、「ピンクレディ」も、美味しいカクテルに仕上がります。

どのような基準で、改良を加えれば、美味しいカクテルになるのか?こうした基準を説明するのに、分かりやすいカクテルでしょう。

もちろん、カクテルは、材料や分量を、ほんの少し変えただけでも、カクテル名が変わる!ということになっていますが、私的には、一番に、美味しいカクテルに改良する事が大切と思っていますので、こうしたルールには、こだわっていません。全てを理解したうえで、行っている改良であり、こうした事は、さまざまなバーテンダーの方の技量が問われる部分だと思っています。

必然的な結論ですが、オリジナル・カクテルを創るには、総合的な能力が必要なのです。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ