バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・暗記するべきカクテルの数とは?

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「暗記するべきカクテルの数とは?」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「暗記するべきカクテルの数とは?について」

バーテンダーが、暗記するべきカクテルの数とは?

バーテンダーは、カクテルを、いくつ暗記するべきか?

この質問は、本当に、よく聞く質問です。そして、書籍などを購入されて、カクテルレシピの多さに、気の遠くなる人も多い事でしょう。

では、ここで、質問です。

カクテル名と、カクテルレシピを、たくさん覚えているのが、優秀なバーテンダーでしょうか?

答えは・・・イエスとノーが、半々ぐらいですかね~(苦笑)

全て完璧に覚えているバーテンダーはいない

いつから、そうなったかは、知りませんが、テレビなどの影響でしょうね。バーでは、カクテル名で、カクテルを注文するものだと、思っていらっしゃる方が、多いようです。本当は、そんな事は、ないのですが・・・

カクテルの種類は、星の数ほど、あります。
全て、完璧に、覚えているバーテンダーなど、存在しません。

さらに、考えれば、分かる事ですが、覚える事自体が、バーテンダーの仕事ではありません。

そして、お客様も、全て、カクテル名で注文されるわけではありません。お客様は、カクテル名を覚える努力をされるわけでは、ないのですから。

偶然、美味しいカクテルに出会って、そのカクテル名を、覚えていらっしゃる場合ぐらいでしょう。あとは、大半、定番のカクテルか、メニューから選ばれるか、バーテンダーに好みをおっしゃるか ・・・

ですから、カクテルを、できるだけ多く、覚えなければならないわけではありません。最低限を考えるなら、そのバーのメニューにあるものだけです。

カクテルを暗記するのは、学習方法が間違っている

もちろん、定番と呼ばれるカクテルが、あります。でも、これらは、覚えるというより、バーテンダーとして、お酒やカクテルを学んでいくうちに、自然に、身につくものです。

もし、自然に身に付くのでないなら、個人的な意見ですが、学習の方法が、間違っているのです。いつものセリフになりますが、カクテルレシピは、覚えるのではなく、意味を理解することが、重要なのです。

もちろん、暗記が得意で、カクテルレシピを、どんどん、何千種類でも覚えられるなら、覚えていいでしょう。

もし、暗記が不得意でも、カクテルのアレンジや、創造的なカクテルを作りだすのが、得意な人もいるでしょう。あるいは、お客様の好みを察知する能力にたけている人も、いるでしょう。

個性を生かした、バーテンダーを目指そう

さまざまな能力をもった人がいて、その個性を生かせばいいだけです。自分の個性を生かしたバーテンダーを、目指せばいいだけだと、私は思います。

そして、その個性を、お客様に、どのように伝えるか?工夫も必要でしょう。暗記が苦手だから、バーテンダーになれないわけではありません。定番のカクテルは、作っているうちに、覚えられます。

カクテルを、いくつ、覚えなければならないでしょう?この質問を聞くたびに、若いころから、不思議で、仕方がありませんでした。暗記だけが、能力ではないのにな~と。

・・・とはいえ、カクテルを学び始めれば、間違いなく、何百種類ものカクテルレシピを参考に、カクテルを作ることになります。私自身、20代の頃、500種類ぐらいは、完璧に覚えた経験があります。

500、少ないですよね。作っていれば、アレンジで、すぐに、これぐらいの数になります。

でも、結局、暗記するだけでは、能力は、アップしません。お酒全般、カクテルの作り方全般、さまざまな総合的学習をしなければならないのです。

それ以外にも、自分の個性を、どう生かすか?それを、考えなければなりません。

そして、目指すのは・・・世界に、たった一人しかいないバーテンダー!
全てのバーテンダーが、この世に、二人といない存在です。私は、そう思っているのですが・・・

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ