バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール・カクテル、作品と商品の違い

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「カクテル、作品と商品の違い」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

無料・バーテンダー動画セミナー

初めての方は、まずコチラ!

老舗が秘伝を明かす、動画セミナー。3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作りなどが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

動画で学ぶ、間違いだらけのカクテル作り

プロも知らない技も満載。たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

人気NO,1教材の全体像へ

2回目の方は、他にない教材の概要へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他へどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

2回目以降の方は、全国普及した人気NO,1教材の全体像へ

他にないバー開業を目指す方へ

どこでも学べるレベルでいいなら、他のスクールへどうぞ。50年の間に教える人がいなくなった知識・技術と、独自ノウハウを伝授する24巻教材はコチラ

  1. バーテンダーとバー開業の老舗BARスクール
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「カクテル、作品と商品の違いについて」

カクテル、作品と商品の違いについて

コンペのカクテルレシピ通りでも、美味しくない

カクテルレシピ通りでは、美味しくできない理由は、他の記事でも、何度かお話しました。

それでも、カクテル初心者の方は、コンペなどで、バーテンダーが作るカクテルレシピは、素晴らしく美味しいはず!と、思われる事でしょう。

でも、実際に、そのカクテルレシピ通りでは、いまひとつです。理由は、さまざまな事があります。

まず、プロのバーテンダーの腕前と、初心者の腕前では、同じ分量で作っても、差があります。

カクテルレシピも、細かい分量指定は、していません。

例えば、15ml弱=12~13mlとか、細かい設定です。

コンペ仕様に作成されたカクテルレシピ

さらに、特に、考えて頂きたい点が、あります。それは、コンテストにあわせて、作成してある!というところ。プロのバーテンダーは、臨機応変に対応します。

コンテストで創るカクテルは、いわば、「作品」
でも、実際に、営業しているバーで提供するのは、「商品」


「作品」と「商品」は、根本的に違います。

当然、プロのバーテンダーは、「作品」として仕上げたカクテルを、バーで提供するときには、アレンジします。しかも、そのアレンジは、自分の腕前ならではの部分と、お客様個別の対応を考慮しています。

ですから、美味しくなって当然。コンテストで披露したカクテルレシピそのままで、初心者に、美味しいカクテルは、ちょっと、難しいでしょう。

ですから、コンテストなどで、披露してあるカクテルレシピが美味しくないからといって、そのバーテンダーの器量を判断するのは、早計というものなのです。


そのカクテルは、作品なのか?商品なのか?

カクテルを作る時に、必要な考え方なので、再度、しつこく言いますね。

「そのカクテルは、作品なのか?商品なのか?」

作品であれば、時間も費用も考えず、創り出すことも必要でしょう。しかし、商品として、考えてみると・・・・・当然、そこには、さまざまな制約もあります。

プラス、第一に考えるべきは、お客様のこと。個別対応ができれば、最高です。但し、そこにも、制約が発生する場合もあります。

全てにおいて、バランスが必要ですね。だからといって、手抜きや妥協の産物でいいというわけではありません。

知識・技術の限りを尽くし、さまざまな制約の中でも、最高の商品を創り出すこと。知識・技術からうまれるアイデアに、制限はありません。だからこそ、知識・技術が必要なんですね。

自慢したり、ウンチクを語るためにあるものではありません。さて、あなたが創り出そうとしているのは、作品ですか?商品ですか?

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ