老舗BARのバーテンダースクールFIZZ・カクテルレシピの暗記をするのは、楽な道を選んだ人

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーが語る「カクテルレシピの暗記をするのは、楽な道を選んだ人」

動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。半世紀以上続く老舗バーが、悩みの解決策を伝授。

動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。半世紀以上続く老舗バーが、悩みの解決策を伝授。

無料・バーテンダー動画セミナー

3日間・動画セミナー「本物のバーテンダーとは?」

もし、あなたが学んだ事が全て間違いだったら・・・たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

無料・バーテンダー動画セミナー

3日間・動画セミナー「本物のバーテンダーとは?」

もし、あなたが学んだ事が全て間違いだったら・・・
たった3回の動画で、本物のレシピ攻略法、ワンランク上のカクテル作り、ダメなバーテンダーが分かります。今すぐ、メルマガ登録へ

ビッグボーナスセール

新教材誕生で、バーテンダー教材は24巻!

期間限定セール!平成30年7月22日まで
セット申込で、ボーナス特別割引価格
まずは、教材の概要からご覧ください

  1. 老舗BARのバーテンダースクールFIZZ
  2. バー開業必読講座の目次
  3. 老舗バーが語る「カクテルレシピの暗記をするのは、楽な道を選んだ人について」

カクテルレシピの暗記をするのは、楽な道を選んだ人

カクテルレシピの暗記という壁

さて、本日は、カクテルに興味のある方が、ぶつかる壁についてです。

カクテルレシピを、たくさん暗記しているバーテンダーが、優秀なのか?

この問題に対する解答を、お話します。 もちろん、私なりの解答です。 異論反論は、ご容赦ください。


星の数ほどある、カクテルレシピ。

まあ、最初のうちは、いろいろ作る事自体も楽しみなので、そうでもないでしょう。

ですが、だんだん、カクテルレシピを覚えるのに、辟易してくるもの。


500種類とか、1000種類ぐらいのカクテルレシピを記載した書籍。 あるいは、何万というカクテルレシピを掲載したサイト。

こうしたレシピを見れば見るほど、プロを目指す人にとっては、憂鬱な問題のはず。

カクテルレシピを暗記すると、プロとして通用しない?

結論からお話しましょう。

といっても、いつもお話している事ですが・・・

カクテルレシピを、いくら暗記しても、美味しいカクテルはできません。まして、プロとしては、ある意味、ますます、通用しなくなっていきます。


例えば、暗記が得意で、1万種類のカクテルレシピを、完璧に覚えたとしましょう。

本人としては、おそらく、1万種類のカクテルレシピを覚えている事が自慢のはず。そこを、最大限活かして、プロとして、活躍したいと思っているとしましょう。


さて、私なら、このバーテンダーを雇うかといえば、絶対に、雇いません。

百害あって、一利なし!です。

  • 覚えるという単純な作業が、好きなタイプだ。→おそらく、自分で創り出す能力を、発揮しにくいタイプだ。
  • 暗記が得意でも、美味しいカクテルの作り方を知らない。→カクテルレシピの意味を、理解しようとしなかったのだろう。
  • カクテルレシピを50種類しか知らない事にしなさい!といって、働くだろうか?→自分の能力を発揮できない職場だと思い、意欲を失うだろう。

他にも、挙げればきりがないほど、さまざまな理由があります。 ちょっと、語弊を生むような事もあるので、ここでは、話しませんが・・・


つまり、プロのバーテンダーとして、通用するのに、カクテルレシピの暗記は、それほど重要ではない!という事です。

もちろん、多少は、覚える事も必要かもしれません。 ですが、カクテルレシピの意味を理解すれば、覚える必要も、ほとんどなくなります。


カクテルレシピの暗記だけ!というのは無意味

カクテルレシピの暗記が、いかに無意味か!

そして、カクテルレシピを、たくさん覚えているバーテンダーが、優秀なバーテンダーだと思っていらっしゃる方の、何と多い事でしょう。

こうした状況を生み出した業界自体に、問題があるんですけどね~。


カクテルレシピの暗記に苦しんでいらっしゃる方、大丈夫です。

カクテルは、覚えるものではありません。
理解するものです。


そうはいっても、理解するには、ある程度、学習が必要ですね。ただ、その学習は、当初は、遠回りな気がするものです。

そして、近道を選ぶと、カクテルレシピの暗記になってしまうのです。

レシピの暗記が大変なんですよ~と言っている人は、近道を選ぼうとした方。


今からでも、遠回りの道、選んだほうが、最終的に、正解です。 基礎知識・基礎技術の習得を、しっかりして下さい。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

丸暗記に頼らないカクテルレシピ攻略法など
バーテンダー教材24巻の詳細へ

トップに戻る

もっと詳しくは、PC専用サイトへ