バースプーンは、何回まわせばいいのか?

バースプーンは、何回まわすのか?

カクテルの作り方には、ビルド、ステア、シェーク、ブレンドとあります。そのうち、主に、ビルド、ステアで、バースプーンを使用します。
このビルド、ステアで、バースプーンを、何回まわすのか?


カクテルによって、回す回数が、決まっているわけではありません。
カクテルに使用している材料で、回す回数が、決まる部分があります。

また、材料の温度、氷の大きさや硬さ、季節など、さまざまな要因で、変わってきます。さらに、当たり前の話ですが、作る人の腕前にも、大きく関係してきます。

ですから、バースプーンは、何回まわす!と、明確には、言いきれません。

どの程度の腕前なのか?
材料や氷は、どういった状況のものを使用しているのか?
お客様の、求めているカクテルは、どういうものか?

さまざまな点を、考慮に入れながら、バースプーンを、回します。何回、回すか?考えなければならない事が、たくさんあるのです。

バースプーンをまわす回数が、決まっている場合

ただ、唯一、バースプーンを回す回数が、ある程度、決まってくる場合があります。それは、

炭酸系を使用するカクテル。

ジンジャエール、トニックウォーター、ソーダなど、炭酸の入ったものを使用するカクテルの場合です。

この場合、基本的には、バースプーンは、1回しか、回しません。なぜなら、回せば、回すだけ、気が抜けますし、氷が溶けて、水っぽくなるからです。

初心者では、1回では、上手に、混ざらない場合もあります。その場合の回し方のコツ、というのもあります。リキュールを使用するカクテルなどは、こうしたコツを押さえて、1回~2回まわします。

基礎を、きちんと学習し、そのカクテルの、レシピや作り方の意味を考えてみれば、当たり前に、分かる事です。

「バースプーンは、何回、まわせばいいのでしょうか?」

この質問が出てくるという事は、まだまだ、基礎さえ、身につけていない証拠です。
その場合、基礎から、きちんと学習する事を、おススメします。

「バー開業&バーテンダー教材」の詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業58年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへも指導

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、57年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、10年、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、関東圏が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、やや変わりました。
※平成29年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  埼玉県
  • 第04位  愛知県
  • 第05位  大阪府
  • 第06位  千葉県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  福島県
  • 第19位  岡山県
  • 第20位  山口県
  • 第21位  熊本県
  • 第22位  岩手県
  • 第23位  香川県
  • 第24位  富山県
  • 第25位  長野県
  • 第26位  和歌山県
  • 第27位  山梨県
  • 第28位  石川県
  • 第29位  長崎県
  • 第30位  三重県
  • 第31位  福井県
  • 第32位  鹿児島県
  • 第33位  佐賀県
  • 第34位  鳥取県
  • 第35位  奈良県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダー講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

バー開業の失敗は、本・バーテンダースクール・アルバイト経験だけで、本物を学ぶ重要性に気づかないからだ。自社ビルを建て、57年続く老舗バーが秘伝を伝授。NHK放映、日経・リクルートなど取材多数。教材は46県に普及。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。