バーテンダーの資格は、役に立つのか?

バーテンダーに、資格は必要か?

バーテンダーに資格が必要だと思っていらっしゃる方も多いようです。結論からお話しすると・・・
バーテンダーになるのに、特別な資格は必要ありません。

極端な話、本人が、バーテンダーだと言えば、
その瞬間から「バーテンダー」

もちろん、バーで、通用するか、どうか?は、別問題です。まあ、無理でしょう。

数年の修行をしても、まだまだ!と思う人もいれば、わずか数カ月で、マスターしたと思う人もあります。この業界では、ある意味、勘違いするほどの強さも必要ですけど(苦笑)

バーテンダー資格で満足するなら、価値も魅力もない

いい意味で、認定証など、それを自分自身の「自信やモチベーションのために!」という方もあるでしょう。それは、それで、意味のあることかもしれません。

ただ、こうしたものを、誰か他人への価値観アップとするのは、どうでしょう?バーテンダーの価値が、そんな認定証で決まるはずもなく・・・

さまざまな知識・技術だけでなく、自分磨きが必要な職業。資格や認定証をもらった瞬間に、それで、バーテンダーとして通用すると思ったら、その時点で、バーテンダーとして、魅力が下がっていきますよね。

長い、長い道のりの、ほんの一歩に過ぎないのですから・・・

「バーテンダーDVD&CD教材20巻」詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業58年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへの指導

バー開業教材は、10年毎月売れ続け、全国46県に到達

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、57年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、10年、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、東京都が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、かなり変わりました。
※平成29年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  大阪府
  • 第04位  埼玉県
  • 第05位  千葉県
  • 第06位  愛知県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  和歌山県
  • 第19位  福島県
  • 第20位  岡山県
  • 第21位  山口県
  • 第22位  熊本県
  • 第23位  山梨県
  • 第24位  岩手県
  • 第25位  奈良県
  • 第26位  香川県
  • 第27位  富山県
  • 第28位  長野県
  • 第29位  石川県
  • 第30位  長崎県
  • 第31位  三重県
  • 第32位  福井県
  • 第33位  鹿児島県
  • 第34位  佐賀県
  • 第35位  鳥取県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダー講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

57年続く老舗バーが、単独で、古い業界の変革に挑戦。その結果、バーテンダー教材は、10年毎月売れ続け、全国46県に普及。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。