バー開業時に、必要なリキュールの選び方とは?

定番のリキュールとは?

バー開業を考える方は、かなり悩まれる事かもしれません。
どれぐらいのリキュールを置けばいいのだろう?と。

バーでは定番中の定番!というリキュールがあります。私も、サイトやブログで、たぶん、何度か、定番という言葉を使用してきているはずで・・・定番が多すぎるように感じられる方も多いと思います。

ただ、定番の捉え方を、お客様のニーズに応えるもの!と定義すると、明確になってきます。必然的に、必要となるリキュールというのがあり、そういう風に考えると、そこそこ定番と呼べるリキュールも、何十種類かになってしまうというわけです。

それでも、本当のところは、さまざまな味わいのカクテルを提供するのに、それほど多くのリキュールを必要とするわけではありません。

リキュールを選ぶ基準とは?

しかし、お客様に、さまざまなリキュールやお酒を味わう楽しみと喜びを提供するのが、役割であることを考えれば、キリがないほど、たくさんの種類のお酒が必要となってくるように思えることでしょう。

それでも、私自身は、その時代に応じて、置くお酒の種類や銘柄も、随分変えてきていますし、基本的には、あまり在庫を置かない主義です。

需要を考えて置く部分と、提供したいものを決めて置く部分、この二つを考えながら、バランスを取っています。ですから、お客様のニーズ全てに対応できる、100%の在庫を置く事には、重要性を置いていません。

ただ、弊店は、ご紹介のお客様だけで、58年目。かなり、変わったお店に進化していますし、お客様に恵まれている事もあり、一般的なバーの在庫とは、違うかもしれません。

もちろん、さまざまな創意工夫をしたうえで、在庫が多くならないように、数年をかけて創り出した在庫の種類です。

ですから、バー開業時に、最初は、定番と言われるものを、少なめにそろえて、少しずつ、自分のバーに見合う在庫を、研究していかれれば、いいだけですね。

「バー開業&バーテンダー教材」の詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業58年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへも指導

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、57年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、10年、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、関東圏が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、やや変わりました。
※平成29年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  埼玉県
  • 第04位  愛知県
  • 第05位  大阪府
  • 第06位  千葉県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  福島県
  • 第19位  岡山県
  • 第20位  山口県
  • 第21位  熊本県
  • 第22位  岩手県
  • 第23位  香川県
  • 第24位  富山県
  • 第25位  長野県
  • 第26位  和歌山県
  • 第27位  山梨県
  • 第28位  石川県
  • 第29位  長崎県
  • 第30位  三重県
  • 第31位  福井県
  • 第32位  鹿児島県
  • 第33位  佐賀県
  • 第34位  鳥取県
  • 第35位  奈良県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダー講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

バー開業の失敗は、本・バーテンダースクール・アルバイト経験だけで、本物を学ぶ重要性に気づかないからだ。自社ビルを建て、57年続く老舗バーが秘伝を伝授。NHK放映、日経・リクルートなど取材多数。教材は46県に普及。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。