バー経営における、困ったお客様への対処法(後編)

バー経営における、困ったお客様への対処法(前編)からの、つづき↓

困ったお客様、ピンチはチャンス?

さて、前回、その意味を十二分に考慮した上での会員制でないと、意味がないとお話しました。困ったお客様を生まないために、会員制にすればいい!という短絡的な思考では、うまくいきません。

お店の営業中に、一人でも、不愉快な、雰囲気を壊す言動をとられるお客様があると、店全体のイメージを崩し、その場に遭遇したお客様の大半を、失う可能性が高くなります。

店主や店長の対応によっては、その場を切り抜けることで、店の対応を評価してくださり、ファンとなってくださるお客様を増やすチャンスとなる場合もあります。

まさに、ピンチはチャンス!です。



困ったお客様を、生まない仕組み作り

ですが、もっと深く考えれば、やはり、もともと、そういう困ったお客様を生まない仕組みも、経営しながら、創り出していくことも必要なわけです。

バーを開業して、すぐに出来上がるものではありません。

また、私が考えだした、今現在の弊店の会員制バーの方法を、ここで、私が公開し、それを模倣する事も意味がありません。

私自身と同じキャラクターの方、同じ環境の店があるわけがありません。プラス、すでに、58年目を迎える弊店と、同じポジションになれるわけもありません。

では、バーを開業したばかりでは、歴史がないからとか、認知度がないからとか、高級店ではないからとか、スペースが狭いからとか、立地がよくないからとか、

・・・・・ さらに、私に対しても、次のように言いたいはず。
「私には、57年も続いている実績もないし、有名でもないし、資金が豊富にあるわけでもないし、知識・技術も完璧ではないし、特別な何かがあるわけではないし・」 延々と、できない理由を考える方もあるかもしれませんが・・・

ですが、それでは、永久に、バーの経営をすることなどできません。例え、バー以外のビジネスについても、成功する事はないでしょう。その方が希望する100%の条件を、そろえることができたとしても、おそらく、うまくいかないはずです。

自分にしかないものを、押し通す強さ

自分の置かれた環境や立場は、人と比べるべきものではありません。

それより、この世に、自分という人間は、たった一人なわけですから、 思いっきり、自分らしさを強調し、どんなに、大企業や中規模の企業といった「巨人」と比べれば、吹けば飛ぶような「アリ」のような存在だったとしても、押し通す強さをもったほうが、人生を前向きで、明るく生きていけます。私は、そうやって、生きてきました。

この「困ったお客様への対応方法」という題目から考えて、もっと、具体的に、どうすればよいのか? その方法を、知りたいからこそ、この記事を読んでいるのに、どうなってるんだ!と思われる方も、多いことでしょう。

申し訳ございません。期待には、応えたいとも思うのですが、その具体的な対処法を、この場でお話しするには、無理があります。 なぜなら・・・・

それは、ひとつには・・・記事で伝わるのは、文字だけ!文字だけで、伝えられるものではありません。では、動画でもアップしろよ!と思われる方も、あることでしょう。これも、実際に、ゼロからお話しするとなると、相当な分量になり、現実的ではありません。

本当のところは、私自身が、セミナーでも開催すればいいのでしょう。ただ、これも、私の時間的制約から、あまり、現実的ではありません。伝えたい事を、どのように、次世代に残すか?



57年の接客術を、教材にしました

地方のバーの経営者で、大したことではありませんが、57年以上にわたって、鍛えられてきた接客術。誰かの役に立てば・・・と、教材を作りました。興味のある方は、ご覧ください。

「バー経営バイブル・接客会話編」 です。

なにやら、最終的に、教材の宣伝のようになってしまい、かなり恐縮なんですが、これまでお話した事は、この教材の本質の部分と、同じ事をお話しています。もちろん、教材では、かなり具体的に方法論もお話していますが。

今回のテーマを終わる前に、最後に、申し上げておきたい事があります。

決して、あきらめない限り、理想とするお店は、完成に必ず近づいていきます。

永遠に、完璧になることはなくても・・・

(完璧と思った瞬間から、衰退していくという意味です。)

そして、「困った客」は、いなくなった!といえる日が、やってくるのです。

「バー開業&バーテンダー教材」の詳細はココをクリック

なぜ、希少価値のあるバー開業教材と言えるのか?

自社ビルを建て、創業58年目の老舗バー

バー開業教材制作者は、NHK放映、日経・リクルート掲載

バー開業教材制作者は、三井ガーデンホテルなど、プロへも指導

希少価値のあるバーテンダー&バー開業教材という根拠は、57年以上続いている老舗バーの動画教材が、まず、見つからないからです。また、カクテルの作り方の動画教材が18時間もあり、10年、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも、この教材だけと、自信をもって断言できます。

FIZZの「バー開業教材」が、選ばれる理由とは →

老舗の法則、バー開業とバーテンダー講座

初心者・入門者のための、カクテル講座

バー開業教材購入・県別ランキング

あなたの県でも、すでに学び始めた人や、開業した人がいます。やはり、関東圏が圧倒的ですが、地方でも購入者が増え、全国46県へ普及。順位も、やや変わりました。
※平成29年現時点。

  • 第01位  東京都
  • 第02位  神奈川県
  • 第03位  埼玉県
  • 第04位  愛知県
  • 第05位  大阪府
  • 第06位  千葉県
  • 第07位  北海道
  • 第08位  兵庫県
  • 第09位  福岡県
  • 第10位  静岡県
  • 第11位  広島県
  • 第12位  群馬県
  • 第13位  京都府
  • 第14位  沖縄県
  • 第15位  茨城県
  • 第16位  新潟県
  • 第17位  岐阜県
  • 第18位  福島県
  • 第19位  岡山県
  • 第20位  山口県
  • 第21位  熊本県
  • 第22位  岩手県
  • 第23位  香川県
  • 第24位  富山県
  • 第25位  長野県
  • 第26位  和歌山県
  • 第27位  山梨県
  • 第28位  石川県
  • 第29位  長崎県
  • 第30位  三重県
  • 第31位  福井県
  • 第32位  鹿児島県
  • 第33位  佐賀県
  • 第34位  鳥取県
  • 第35位  奈良県
  • 第36位  滋賀県
  • 第37位  大分県
  • 第38位  島根県
  • 第39位  宮崎県
  • 第40位  秋田県
  • 第41位  栃木県
  • 第42位  宮城県
  • 第43位  徳島県
  • 第44位  愛媛県
  • 第45位  青森県
  • 第46位  山形県

老舗BARのバーテンダー講座は、「W3C」準拠・世界標準Webサイトです。

Valid XHTML 1.0 Transitional  正当なCSSです!

バー開業の失敗は、本・バーテンダースクール・アルバイト経験だけで、本物を学ぶ重要性に気づかないからだ。自社ビルを建て、57年続く老舗バーが秘伝を伝授。NHK放映、日経・リクルートなど取材多数。教材は46県に普及。

バー開業教材は、たっぷり、26時間(18時間の動画)で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。